ネイリストの資格

ネイリストへの道しるべ

ネイリストになるには資格は不要

ネイリストとして働くには、資格が必要なのでしょうか。
結論から言えば、必要ありません。
国家試験を通る必要があるようなものではないため、全くの初心者の人がサロンを始めても構わないのです。
しかし、現在の状況では多くの人がネイリストとしての試験を通り、資格を持っています。
そういう人たちと同等もしくはそれ以上にやって行かなければならないのは、初心者には難しいでしょう。
個人としてサロンを開くのが難しいなら、ネイルサロンの求人ではどうでしょうか。
ネイルサロンの求人は、日本にあるネイリストの協会の試験を通っていることを条件にしているところが多くあります。
そのため、誰でもネイリストとして仕事を行うことは出来るけれど、求人などの面を考えても資格を持っていなければ難しいという現状になります。
現在ではスクールや通信教育も充実しています。
まずはそれらで基礎をしっかりと作り、それから開業等を考えても遅くはありません。

今、注目されているネイリストの資格とは。

ネイリストになることが夢という方もおられるでしょう。
今、注目のネイリストは特別な資格はなくても仕事はできるのです。
特別な資格はいらないため、とても上手い技術があればお店を開くことも可能なのです。
一般的に雑誌などで記載されている資格の内容は次のような条件が書かれています。
そのひとつに、専門の学校を卒業する際にもらえるディプロマという【証明書】が必要になります。
これは学校を卒業できれば誰でも授与されるものなのです。
また二つ目に【検定】があります。
検定は1級、2級、3級にわかれています。
通常の検定と同様で、3級は簡単な試験になり殆どの方が合格できるようです。
しかし就職となると3級では効果は期待できないといわれています。
就職で有利になるのは、通常2級以上、もしくは1級です。
試験内容は学科と実技にわかれています。
学科は勉強していれば問題ないでしょう。
どの試験でも問題なのは実技の方です。
その内容には、甘皮などのケアやスカルプなどがあげられます。
また赤いマニキュアを塗ることや季節にあったアートをいくつあげられるかなどが出されるようです。
短時間での試験ですので、失敗ができないことや、決められた道具の配置場所などが適切にできるかなどが評価の対象になるようです。

check

奥多摩でラフティング

最終更新日:2017/6/28

Copyright c 2015 ネイリストへの道しるべ.All Rights Reserved.